地球民家HOME > 200地球民家便り

地球民家 (平成24年6月号)

ニュースレター29号①.jpg

<続きはこちら>

地球民家 (平成24年4月号)

ニュースレター28号①.jpg

<続きはこちら>

地球民家 (平成24年1月号)

ニュースレター27号①.jpg

<続きはこちら>

地球民家 (平成23年11月号)

ニュースレター26号①.jpg

<続きはこちら>

地球民家 (平成23年9月号)

ニュースレター25号①.jpg

<続きはこちら>

地球民家 (平成23年7月号)

ニュースレター24号①-1.jpg

ニュースレター24号①-2.jpg

 

<続きはこちら>

地球民家 (平成23年5月号)

ニュースレター23号①.jpg

<続きはこちら>

地球民家 (平成23年3月号)

「地球民家」22-1

<続きはこちら>

地球民家 (平成23年1月号)

 

「地球民家」21-1

<続きはこちら>

地球民家 (平成22年11月号)

「地球民家」20-1

<続きはこちら>

地球民家 (平成22年9月号)

 

「地球民家」19号 1

<続きはこちら>

地球民家 (平成22年7月号)

「地球民家」18号 1

<続きはこちら>

地球民家 (平成22年5月号)

「地球民家」17号 1

<続きはこちら>

地球民家 (平成22年3月号)

   運命は出会いによって創造される!

 長い冬も南からの温かい風が吹き始めそろそろ終わり・・・花々の便りがあちこち

から聞かれる頃となりました。手前味噌になりますが先日平成22年2月2日、初孫

が誕生しました。まだまだ日も浅くドキドキの毎日です。予定日より2日早かったの

ですが「2」が沢山並んだ日に孫の無事の誕生を願って病院に響き渡る産声を聞いた

時は何とも・・・。早朝だったこともありいつまでも耳に残る声でした。その次の瞬

間誰しもが一度聞けば忘れることのないような日の誕生を無事迎えられたことを家族

で喜び合いました。

 その時、運命を感じずにはいられませんでした。人は一生決まった運命のレールを

歩かされてきたのではない。さまざまな触発によって今の自分は創られてきた。人生

の交差点でこれからどんな出会いが待っているのだろうか・・・。

   

          夢は大きな力です 

 今はバンクーバーオリンピックの真っ最中。昨日は浅田真央選手と金妍児選手の規

定で仮面舞踏会と007の曲に乗って真っ向勝負中。誕生日20日違いで19歳、家

族構成も同じ。10代半ばから世界で競い成績は伯仲、運命の時は明日やって来る。

4年に1度の時が。

 私達の仕事も家族の運命に近い時を共有させていただいています。住まいづくりと

いう作業を通し一生の中でその家族の一大事業の時を大切な時間と大事な家族の思

い、そしてお金を提供していただき、ご家庭のこれからの大きな夢や大事な生命を守

る器としてその思いだけは何としても共有しなければと毎日自分に言い聞かせてい

る。幾つになっても毎日努力精進してるつもりでも反省ばかりですが、その反省を薬

だと思ってこれからも精進していきたいと思います。(次ページに続く)

 

<続きはこちら>

地球民家 (平成22年1月号)

新時代の幕開け!          

あけましておめでとうございます。

 

 「チェンジ(変革)」というキャッチフレーズで米国史上初の黒人オバ

マ大統領就任で幕開けした昨年、私達を取り巻く環境もまさに変革の一年

あったように思います。

 日本においても、8月の衆議院選挙では民主党の歴史的大勝により政権

交代が実現し、賛否の遺憾を問わず真の民主化への一歩を踏み出したと思

います。明るいニュースの分野では何と言ってもスポーツ界。野球ではW

BC連覇に始まり、イチロー選手の9年連続200本安打。また、プロゴ

ルフの石川選手の史上最年少賞金王、年間を通じてメイクドラマに事かか

ない一年でした。新型インフルエンザ等々世界を揺るがしたニュースも沢

山あった一年。      

 

 

  寅 

昨年暮れに選ばれた「今年の漢字」は「新」!

私達、協同組合 あすみ住宅研究会のビックニュースは国交省長期優良住

先導的モデル事業の採択でした。「地球民家」が国産無垢材住宅・循環

型モデルとして自他ともに認められたことに大きな喜びと同時にお客様に

まずは周知し、システム自体崩壊しつつある国産材市場を再構築する役割

の一端を荷う責任の重さを自覚し、山元の発展をお客様と共に荷う、両者

の顔が見え、互いの苦労や思いが伝わる、供給する意義と喜び、出来あが

る家に思いがあり意思がある真の満足を心から感じ合える住まいづくりに

邁進するその時がやって来ました。

樹齢100年の木曾東濃檜で100年住宅を造る、本物は古くはならない

、その身に歴史を刻み込み深くなる!今自信を持ってお客様に勧められる

ことが出来ます。(次ページに続く)

 

<続きはこちら>

長期優良住宅先導的モデル事業で採択!

11月5日に「長期優良住宅先導的モデル事業」に採択されました。

長期優良住宅モデル事業発表1.png

苦節3回目の挑戦でしたが、お陰さまで「地球民家」と「産地直送事業」と将来安心な長寿命住宅のあり方を国土交通省で採択いただくことが出来ました。

皆様にも長期優良住宅先導的モデル事業の恩恵を沢山受けていただけましたらと思っています。

 

地球民家 (平成21年11月号)

   怖い災害

当たり前のように使っているライフラインが止まると

何もできないことに初めて気付く

 

  10月初めの台風18号は凄かった。私の経験の中では一番強い台風でした。当社付近がもっとも被害が多く農業用ハウスは軒並みやられました。近所の大きな倉庫のスレート屋根も写真の通りです。停電はその日の夜中まで復旧せず水道は翌日まで断水していました。

       

    災害現場 

          屋根が剥がれた倉庫         壊された農業用ハウス

 

普段、当たり前のように使っているライフラインが止まって初めて、何もできない事に気づきました。その日の朝から2台ある停電電話は1日鳴りっぱなし状態で、社員全員で被害状況の確認に追われました。災害対策として当社の車両の燃料は2分の1以下にしない(災害時車両稼動をする為)事は、阪神・淡路震災から決めて災害対策マニュアル・災害ボックスも作っていました。

しかし、停電時の電子機器への対応・携帯電話のバッテリーがなくなった時の対応までしていなかったので、今回の教訓を生かし今後対応していくようにしました。台風被害は現在でも瓦の破損の連絡が入ります。当社で約130件の破損・修理依頼があり、まだ30パーセントぐらいしか復旧しておりません。皆様もいざという時の為に災害対策に取り組んでみたらいかがでしょうか。   (次ページへ続く)

 

<続きはこちら>

地球民家 (平成21年9月号)

     自然の力の素晴らしさを知る!!   

    大地に種を蒔き、毎朝水を遣る

 

国政選挙の結果、民主党が圧勝し国民の期待は新しい日本の再生を強く願っているようです。

 最近は100年に一度と言われるようなことが頻繁に起こっています。政治も経済も気候も・・・。これから私達を待ち受ける出来事はいったい何でしょうか?

 

 ところで話は変わりますが、私は元々水呑百姓の長男で、親は高齢ですが出来る範囲で夫婦そろって何だかんだ言いながら農業をやっております。最近私も歳をとったせいか朝早起きをし、畑に精を出しております。4時半頃目を覚まし明るくなるのを待って出勤前の一時を過ごしています。

 

       野菜 

         収穫したみずみずしい取りたて野菜

 

 信州は今、秋野菜の種蒔きの時です。白菜、キャベツ、大根、玉葱等々、楽しいですよ!

自然の力は素晴らしいです。大地に種を蒔き、毎朝水を遣っていると3~4日で芽が出ます。何とも言えない感動と力が湧いてきます。と同時に、その芽が可愛くとても愛おしく思います。水遣りの苦労などいっぺんに吹き飛んでしまいます。

 野菜づくりがこんなに楽しいと感じるのは、やはり歳のせいでしょうか?それとも人間の持っているDNAか?夏暑い中育てたトマト、ナス、枝豆、オクラ、南瓜、人参、里芋、ネギ、ジャガイモ、玉葱。私の畑はいっぱいの野菜でとても幸せな気分です。(次ページへ続く)

<続きはこちら>

地球民家 (平成21年3月号)

    ★本を出版することができました★
        「良い家は良い山がつくる」

    出版記念パーティーで挨拶する伊澤理事長  

             伊澤理事長

 

 同志的結合集団である協同組合あすみ住宅研究会(設立:平成4年)が本を出版することができました。題名は"良い家は良い山がつくる"・・・やはり原点は山でした。
  私達は住まいと言う器をお客様と共に造らせて頂きながら、お客様の一生の大事業に参加させて頂けることや安心して暮らせる場所、安心して帰れる場所を提供することのできる本当に恵まれた仕事をさせて頂けることに感謝をしています。
  私達はその器の骨組みを木で造ることを得意とする仲間達の集団です。この出版を通し山に対する、故人、先輩に対する感謝の意を新たにしました。自然が育むものはお金で買うことができないものが沢山あります。例えばあすみ住宅研究会が年3回実施している「我が家の大黒柱と出会う旅」に参加し、樹齢100年の木に抱きついた時感じる思いは人それぞれに違いますがお金では決して買うことはできない思いです。そしてその100年前を想像した時の感動は何物にも代えがたいものがあります。

 
      大黒柱と出会い喜ぶイベント参加者
      我が家の大黒柱と出会う旅への参加者  

 

 私自身、原点が少し見えてきたような気がします。人は生き方や考え方、環境でその人生が随分変わります。昔は貧しかったけれど、どんな時でも安心して帰れた場所、例えば故郷、例えば暖かい家庭、例えば仲間・・・があったように思います。そこには何か強い思い魂のようなものがあったのではないかと思います。守るべきもの、守らなくてはならないものが明確になっていたそんな気がしてなりません。
  
 何かと暗いニュースが先行する昨今。何かどこかが違っているような、こんな時こそ明るく 楽しく、元気よく大きな夢に向かって熱い思いを伝えて行きたいと思います。 これからも愛され、誉められ、役に立つ集団であることを願っております。

            協同組合あすみ住宅研究会 理事長 伊澤 和男

<続きはこちら>

地球民家 (平成20年6月号)

★ごあいさつ★

 こんにちは。あすみ住宅研究会の末席理事を務めています長野県上田市に本社を構える窪田建設(株)の窪田秀徳です。弊社は、現在の窪田一徳会長が昭和31年に起業した木造住宅建築を会社の軸に据えた技術集団の建設会社です。私の小さな頃、自宅に住み込み大工さんも居ましたので、檜の香りと日本酒の香りの中で育ちました。今でも脳裏に刻まれた方程式【「木の香り」=「檜」】という感覚は消えることはないでしょう。現在は、「檜」でつくる究極の住宅「地球民家」の魅力に心底魅せられ、本当に長寿命といえる住宅づくりのために額と脳に汗する毎日です。さて、前置きが長くなってしまいました。
今回、私に自己紹介記事を書くようにとのオーダーがありました。そこで、私の経歴を踏まえ『窪田秀徳の歩み』と題して書いてみたいと思います。私は何を隠そう、中学、高校、大学と大のロック少年でした。私がロックにはまっていったのはある1曲が原因です。それと、ビートルズが圧倒的人気を博していましたので、へそ曲りの性格からかアンチを気取ったという2つの理由からです。原因の1曲とは、ディープパープル(イギリスのバンド)のハイウェイスターという曲です。
この曲の中にギターソロがあるのですが、音色とメロディーの素晴らしさに魅了されてしまったのです。これがきっかけとなり、どんどんロックにのめり込んでいきました。もしかしたら現在のマニアックさは、このとき芽生えたものでしょうね(笑)。大学時代は、「水」を切り口とした研究室に入りました。なぜ?と思われますか?ですよね。実は、ここの教授が受持つ必須の教科単位を落としていたからです。つまり、先輩から聞かされていた「この単位を一度もらえないと卒業できない」という噂を信じていたのです。勇気を持って台風の目の中に飛び込もうと決心し、研究室の門をたたきました。(小心者ですいません)。研究室での主な活動は、考古学のようなものでした。川を歩き先人達が川から「水」をどのように生活水として取り込んできたのか?その昔は、「水」=「命の維持」という切実さがありましたから、様々な知恵を見つける感動は、今までに体験したことのないものでした。マニアックなタイプでしたので次第にのめり込んでいったのは言うまでもありません。最初はロックと並行して先人達の知恵を学ぶ活動をしていたのですが、次第に軸足がこちらになっていた自分に驚いたこともあります。「循環」という自然の摂理を前提とした先人達の生き方や知恵を知れば知るほど、その凄さに感動と頭の良さと自然への謙虚さに頭が下がる思いがしました。なぜ私たちは、多くを感じ取り、対応していく知恵や触覚が無くなってしまったのか?自らを責めたくなる思いがします。そんな経験を持つ私ですから「地球民家」に拘りを持ち幸せを栽培する家づくりに邁進するのは当たり前です。これからも信じた道を沢山の幸せな暮らしの器づくりのために頑張りますので宜しくお願いします。


       
       窪田理事


  協同組合あすみ住宅研究会    理事 窪田秀徳

<続きはこちら>

地球民家 (平成20年4月号)

★ごあいさつ★

 先日の例会における粥川先生のお話しで、「文明の前に森林があり、文明の後ろに砂漠がある」という学者の言葉に耳を傾けなければいけないということ。そして、「産直住宅は森林を守り、大手ハウスメーカーは森林を破壊している」という事実を明確に説明しなければ、大手ハウスメーカーには勝てないということ。大変な衝撃を受けました。
これらを重く受け止め、産地直送の東濃檜をふんだんに使った家づくりをもっともっと多くの方々にアピールしていきたいと、思いを強くいたしました。
 こんな寓話があります。「あなたは今何をしていますか?」とある人が左官職人に尋ねました。一人は「壁を塗っています。」と答え、もう一人は「○○様のご家族が健康で暮らして頂けるように自然素材の壁を塗っています。」と答えました。二人とも同じ仕事をしているのに意識がまるで違います。
「作業」と「仕事」の違いでもあります。常に後者の職人の気持ちでありたいと願います。
「満足してくれる(喜んでくれる)お客様をつくる」これが我々の使命であり、目的であり、願いであります。今後もあすみ会の会員が一丸となって大切な森林資源を守りながらより良い自然素材住宅の供給に努め、社会に貢献していく所存です。
       
       因理事


  協同組合あすみ住宅研究会    理事 因 善一

<続きはこちら>

地球民家 (平成20年2月号)

★ごあいさつ★

「光陰矢の如し」と言われますが、仲間5〜6人で家づくりの勉強会から
スタートして早や20年以上たちました。
伊澤理事長がご挨拶で言っておられるように、当時は本当に手弁当でス
タートし、勉強会から研究会へと形を変えて今日に至っています。
協同組合組織にし、名前も「協同組合あすみ住宅研究会」と命名し、読ん
で字の如く、明日を夢見る住宅、来たるべき時代が求める住宅の研究開発
にグループ全員で取り組み、その熱気のある情熱は大変なものでした。
産地の坂下町と恵北プレカットそして我々工務店と三者一体となった「林、
材、建」構想のもと、産地直送の東濃檜をふんだんに使った家づくり体制を
確立したのであります。
何度も産地の坂下町に行き、国産材東濃檜を世に知らしめる為、日夜をわ
かたず話し合ったことがなつかしく思い出されます。
なかでも雪の降りしきる夜、地元坂下町の町長さんや地元の方達と檜の大
きな風呂につかり、雪見酒を交わしながら談笑したことが走馬灯のように記
憶によみがえってきます。
今日の東濃檜の産直体制には、地元の沢山の方達のご協力を頂いております。
心から感謝申し上げる次第です。
  

    玉川理事

協同組合あすみ住宅研究会    理事 玉川 浩二

<続きはこちら>

薪ストーブ完成!!!

◆モデルハウスに薪ストーブ◆

「地球民家」坂下モデルハウスに、先週末薪ストーブが取り付けられました♪♪♪
外からは煙突が見え、内装の雰囲気も一新されましたので是非足をお運び下さい。
薪ストーブの前で一家団欒・・・ステキですよ。


薪ストーブ

この薪ストーブはアメリカのメーカー「バーモントキャスティングス」の中でも一番人気の「アンコール」というタイプですね。
薪は上から入れます。
正面のガラスは観音扉となっています。
人気も上場!
性能も上場!
暖かさは最上級!
体験してみたいというのであれば、ぜひ宿泊を勧めいたします。
極上の時を檜の香りの中で体験してみてくださいね。

地球民家 (平成19年12月号)

★ごあいさつ★

 『良い家をお客様のために造りたい』そんな強い想いを胸に抱いて、7人の仲間が
集結して、あすみ住宅研究会を立ち上げました。当時、某住宅フランチャイズに所
属し、共に活動しておりましたが、販売至上主義、金儲け主義の家造りのあり方
に疑問を感じ、そのフランチャイズとたもとを分かちました。もう16年も前の事です。
私たちは何のために、家を造るのでしょうか?色々な答えがあると思いますが、
私は家族の幸せを実現するために、家を造るのだと思います。
ところで日本の住宅の平均寿命は、約30年という調査結果が出ています。約30
年で建て替えるという事は、住宅ローンを払い終わった頃に、再度ローンを組んで
家を建て替える事になり、これでは一生、住宅ローンの奴隷のような人生を送る事
になりかねません。日本人がそれなりの所得のわりに、豊かな人生を送る事がで
きない大きな原因の一つではないでしょうか?家族の幸せの実現のために家を建
てても、結果として幸せになっていないという事ですね。このような状況を解決する
には、住宅の長寿命化と資産価値のある家造りを進めていく事が大切です。そこで、
従来の家造りを振返ってみますと、二つ程大きな間違いがあったと考えます。
先ず第一にプランニングの間違いです。
家を造る時、一般的に、建築時から10年後位をスパンにしてプランを考えます。しか
し、建築から10年も経過すると、家族構成やライフスタイルが変化し、空き部屋、死
に部屋が増えて非常に暮らしにくい家になってしまい、結果的に建て替えという事に
なりがちです。プランニングの間違いのもう一つは、自分の理想の家造りにこだわる
あまりに、普遍性に欠けるプランになりがちな事です。
資産価値のある家とは、より多くの人が暮らしやすいと感じる家であり、中古流通で
きる家、再販できる家である事が必要です。こだわりのプランは、建て主の自己満足
は充たしてくれますが、再利用しにくい分、個人資産としても社会資産としても、価値
が低いという事になりかねません。
第二は構造材に無関心である事の間違いです。
家を造る時、デザインや設備、仕様にばかり目が向いてしまい、最も大切な構造材に
無関心になりがちです。長寿命住宅を造るには、丈夫で耐久性の高い構造が、必要
不可欠です。スケルトン(構造材)は一度建ててしまうと取り替える事ができません。
インフィル(設備、内装)は定期的に取り替える事や更新する事が可能です。予算のな
かでスケルトンとインフィルを切り離して考える事も重要な事ですね。構造部材には、
高温多湿な日本の気候風土に対応した材料を、厳選して使用する事も大切な事だ
と思います。
私たちの提案する『地球民家』は、グリッド設計と可変空間の採用により、設計的な
強度に優れ、かつ普遍性の高い間取りで、家族構成やライフスタイルの変化に対応
しながら、長期間に渡って快適に住み続ける事のできる家、また構造材には全て、
湿気や腐朽、白蟻にも強く耐久性の高い東濃檜材を使用し、住宅の長寿命化を図り、
資産価値の高い家造りを実現しています。
これからも、あすみ住宅研究会会員全員が一丸となって、より良い家造りを追及しな
がら、お客様の幸せの実現に少しでも貢献できるよう、全力で取り組んで参ります。


     小栗専務理事

協同組合あすみ住宅研究会    専務理事 小栗 史司

<続きはこちら>

地球民家 (平成19年10月号)

★ごあいさつ★

 現在の組合活動その中心が「地球民家」です。何と心地よい名称でしょう。
思えばこの構想を最初に知ったとき今まで何のポリシーも持たずただただ普通の家を造り続けていた
私には「本当に出来るのだろうか」とある種の抵抗感もありました。しかしよく考えてみるとそれまで私
の心の片隅に「同じ競合の土俵には登りたくない、自分にしか出来ない住い造りをしたい」という考えと
バブルもはじけ住宅産業も下降線描いていた時代背景もあり早速会社に持ち帰り社員に相談したとこ
ろ、「それは面白い社長是非やりましょう」と力強い賛成の意見を頂きました。
「よーしやるぞ!!」とスタートしたわけですが最初は全くの手探り状態。何度も何度も痛い目に逢いながら
ようやく今まで14棟の「地球民家」を手掛け現在も2棟建築中です。
   
 思えば私が生まれて45年間住んでいた家(15年前に新築しました)は隙間だらけ。四季を十二分に
感じられる家でした。そんな家でも間取りは「田の字」、真ん中には8寸の欅の大黒柱、管柱には檜と地
栂、梁には地松、板材には杉と地元の木材でまた、赤土壁下地の漆喰塗り、屋根材には瓦、玄関には
土間の叩きと100%地元材と自然素材で造られていました。今でも不思議な愛着と安らぎを覚えていた
事が思い出されます。私はそんな昔の住宅の感覚を思い馳せながら今日の「地球民家」の納まりや仕
上げを提案し施工しています。

 

宮嶋副理事長

協同組合あすみ住宅研究会    副理事長 宮嶋  哲

<続きはこちら>

花火大会があります!

10月13日(土)坂下で花火大会があります。空気が澄んだ中で見る花火は、夏の花火と少し違ってまた良いものです。
是非見に来て下さい!!

<続きはこちら>

窪田建設のホームページがリニューアルオープン!

ie-kubota.jp.jpg
長野県上田市で注文住宅を得意とする”窪田建設㈱”さんが、自社のホームページを大々的にリニューアルされました。
今までには無い活動的なサイトになっています。
長野県で地球民家をご検討ということであれば、是非クリックしてみてください。
様々な本格的な家作りの情報を手にすることが出来るはずです。


<< ♪ 窪田建設㈱のホームページはコチラをクリックしてしてください ♪ >>

<続きはこちら>

地球民家 (平成19年8月号)

★ごあいさつ★

もう二十年以上になるんですね。数人の仲間が手弁当で、既存の言う通り売ることだけを重視したFCの在り方に疑問を懐き、自分達が自分の思うことをお客様の為に実現し、生きた情報を交換し、桧を中心とした共同販売事業等で運営する会を創ろうと、同志数名でいろんなことを時も忘れて語り合いました。

まず、できる限り不滅の集団で、皆の意見を入れた会であるよう組合事業とすることで、認可も頂き、出発をし、今日に至りました。

振り返りますと、他の集まりには見られないような活動や事業が自然にできあがった部分もありますが、歴代の理事長を初め、役員、会員の皆様の献身的な努力が今日を迎えていると思います。組合であるが故に速度は遅いけれども、地球民家思想を始めとして永く根付く活動の展開ができていると思います。
   
何よりも、住宅産業に携わる私達は、毎日お客様を思い変革し、研き上げなければなりません。自主的思想の強い集まりですから、自らが行動し、自らで何かを得る前向きな取り組みがなにより必要です。
 
これからも手を取り合い、できることから一つづつ、着実に、会員の積極的参加のもと成長してゆければと思います。

伊澤理事長
協同組合あすみ住宅研究会    理事長 伊澤 和男

<続きはこちら>

◆地球民家には、2つのタイプがあることをご存知だったでしょうか?

既にご存知であればいいのですが、地球民家には、2つのタイプがあります。

平屋タイプの『 大 地 』と2階タイプの『 天 空 』です。

『 大地 』は、勾配が鋭く(8:10)外観から見ると平屋です。しかし、内部に入ると小屋裏部分にしっかりとした部屋を設置できる小屋裏部屋のある2階タイプの住まいです。
1階部分を日々の生活のすべてとしてお考えの方には、ゆとりある空間を満喫いただけるだけでなく、快適で機能的な生活を過ごすことが出来るでしょう。

『 天空 』は、一般住宅と比較して1階の高さより2階の高さを少しだけ抑えたバランスとなっています。
これは、日本民家の血を受け継ぎ、日本人の美的感性をもう一度復刻させる意図を表しています。
屋根勾配については、一般住宅より少しだけ鋭く(5:10)としました。
その結果として、この高さとバランス感覚を気に入られる方が実に多いことに驚きます。
また、改めて日本人独特の感性にびっくりさせられます。
1階部分を家族の共有空間と考え、2階部分は個人の空間と位置付ける方に『 天空 』はお勧めです。

【地球民家】は、自然な素材と健康的な香りに包まれながら、時を楽しんでいただける住まいです。
過度な利便性や日常のスピードを煽り立てるような装置を意図的に排除し、最高の素材と伝統的で簡素な調和感覚を重んじた真の人間らしい暮らしを実現するために生まれた住まいです。
『 大 地 』『 天空 』2つのタイプをご用意しておりますので、自らの暮らしに調和したタイプをお選びください。

★【地球民家】のカタログを御希望の方は下記のフォームからお申込みください。後日、あすみ会事務局から御連絡させていただきます。★


下のフォームに必要事項をご記入の上、送信お願い致します。

お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ

あなたに超お得で最高の「地球民家」をお届けします。

<2007.3.5.>
〜あすみ住宅研究会「地球民家PJ」より お知らせ〜

ただ今、地球民家プロジェクトメンバーで、”あるモノ”を準備しています。(^.^)
なにを?

ku_44-p.jpgKu_3.54-p1.jpg
そう思われますよね。

実は、かねてより皆様に【地球民家】モデルハウス(坂下)誕生を祝して最高の【得】をお届けしたいと考えてきました。
なんてったって、【地球民家】のモデルハウス(坂下)をご覧になられた方々から最高のご評価を頂いてきたわけです。
これほどまでにご評価を頂くとは想像もしていませんでしたので驚きでした。
確かに、日本ではじめて構造材全てに木曽東濃檜を贅沢に使った住まいを形にしたという自負はありました。
だからといって・・・・・・・・・

これは、山から建築現場に直接良材を届けるという産地直送に関わってくださる全ての方々の理解があったからでき得た快挙なんです。
その結果として、「いい家だねぇー」の一言で報われるのです。
本当に多くの皆様に感謝の意味をこめて形あるものをお届けしなければ失礼だと考え地球民家プロジェクトが立ち上がったわけです。(勿論、理事長や理事会の要請で!)
そこで、ただ今【得】といえる企画を準備しています。
その一つとして1周年記念の地球民家特別仕様パッケージを準備しています。
Ku_34-p.jpgKu_3.54-p.jpg
こんな感じでメンバーから続々と間取り(案)が上がってきています。
こちらに掲げたのは、ほんの一部なんですよ。
地球民家に魅了されたつわものたちが本気でご用意する特別な「地球民家」とは・・・・??

<続きはこちら>

案内板が出来ました!!

 「今日は暖かいですね!未だ2月なのにおかしいですね〜。なんだか気持ち悪いね」
1日に一度はどなたかと交わす会話です。
本当に、未だ2月なのに3月並の陽気だとか(暖かいのは良いのだけれど)・・体調にも気を付けなくてはいけませんね。
 
 さて、最近の『地球民家』・・ご紹介していませんね、すみません。
先週、案内の看板がつきました。
案内板が出来ました
<画像クリックでさらに拡大します。>

<続きはこちら>

『地球民家』と恵北プレカット協同組合

                  地球民家 坂下棟
協同組合あすみ住宅研究会の【地球民家】が、中津川市坂下に今年5月完成しました。
 

kennkann%20y.jpg syokkidana%20y.jpg    

ima%20y.jpg
この【地球民家】に恵北プレカット協同組合がどの様に関わり、これから建てられる 【地球民家】 にどの様に 参加したて行きたいかをここでご紹介したいと思います。

<続きはこちら>

「道の駅きりら坂下」で新そばまつり開催!

まだ残暑が厳しい9月23日(土)〜24日(日)に開催された「椛の湖そばの花まつり」では
白くてとても可愛い花を咲かせ皆を癒してくれました。

そばの花

<画像をクリックすると拡大します。>

<続きはこちら>

【地球民家】の説明ビデオ撮影中!

地球民家の説明ビデオ作成中!

岐阜県中津川市坂下に建てた【地球民家モデルハウス】を多くの方に知ってもらうため、説明ビデオを制作中です。

<続きはこちら>

「地球民家」モデルハウスのある場所は?

「地球民家」モデルハウスってどこに建っているのか分からない方。「地球民家」
モデルハウスは岐阜県中津川市坂下にある"道の駅きりら坂下"の公園隣に建っ
ています。モデルハウスの横には木曽川が流れ、前には木曽川に注ぐ川上川が
ありとても風光明媚な場所です。

木曽川  きりら坂下
<画像をクリックすると拡大します。>

<続きはこちら>

私たちが『地球民家』をお届けします。

恵北プレカット協同組合は『地球民家』の構造材をプレカット加工する工場です。
私たちの工場では、小栗理事長以下22名の従業員が『地球民家』の誕生に携わっております。
工場長 吉村管理1課長 牧野片田 入力兼任
<各々の画像をクリックするとさらに拡大します>

この3名が工務店様の担当者として打ち合わせから加工・納材まで1棟を通してあたらせて頂きます。

<続きはこちら>